Ob0v0の素晴らしい作品の背後にいるアーティストに会いましょう。彼女の経歴から展覧会のリストまで、彼女に関するすべてをここで見つけてください。もっとObを見たい人は、以下のソーシャルメディアアカウントでフォローできます。また、国内外の展示会への参加者も数多く紹介しています。

Obの紹介

1992年生まれのObは、京都を拠点に活動する日本のアーティストです。日本のSNS世代の一員として、彼女は2010年にイラストサイトやInstagramに作品を投稿することでオンライン上で芸術的なキャリアをスタートしました。それ以来、彼女は伝統的な形式とデジタル形式で作品を発表しています。彼女は伝統的なアーティストで、主にアクリルと油絵の具を使って空のキャンバスにアート作品を描きます。 

Obは京都の大学生として始めました。勉強している間、彼女は学問的責任と創造的努力のバランスを取ってきました。日本のイラスト共有・コミュニケーションサイト 「pixiv」 に参加している他のアーティストにも働きかけ、Ob自身の作品やオンラインで知り合ったアーティストを中心に、地元の展覧会を企画・キュレートしました。

18歳の時、個展 「wassyoi」 でデビューし、注目と絶賛を浴びていた。彼女の展覧会には、夢のような色で描かれた寂しい少女たちの初期の作品が含まれていた。「wassyoi」 は、日本の祭りでよく使われる 「わっしょい」 に由来します。彼女の作品は、青春の勇壮ではかない情熱をとらえています。

彼女の作品

ソーシャルメディアやビデオゲームの世代に触発されたObは、女性のキャラクターを、夢のようなフィルターで描かれた繊細な生き物に再解釈します。彼女の作品には線がないので、現実と幻想の境界線がぼやけています。 

Obの作品は、主に円形のブラシストロークが飛び交っているのが特徴で、何も縛るものがないという意味で雲を模倣しています。夢の中でしか見ることのできない映像のように、それらは一瞬にして通り過ぎ、次の瞬間には消えてしまいます。彼女は女性の精神をとらえ、しばしば子どもの視点から女性の不思議な世界を深く探求します。 

彼女のミューズは、黒い穴のような大きな目をした丸顔で、ちびのキャラクターのように描かれています。無邪気さや老いを拒否する姿を描いた彼女のキャラクターは、広大な風景の中で一人で見られることが多いです。デイジーに囲まれていようが、海の中であろうが、大きな浴槽の中であろうが、ほとんど孤独で無表情です。 

彼女の作品を見ていると、幼年期のつかの間の日々と、私たちが決して取り戻すことのできない無邪気さを思い出します。巨大な悲しげな目をした彼女の女性の肖像画は、失われた純真な時代への憧れを呼び起こします。彼女の作品は、女性の精神を掘り下げ、大人の女性が昔に抱いていた憧れの不思議を探求しています。 

夢の世界は、現実の世界には存在しない繊細な感情に安住の地を与えてくれます。どこも混んでいて忙しい時代に、私たちの夢は絶え間ない騒音からの逃避となります。Obの芸術作品は現実とは正反対の場所、絶え間ない夢が起こり、小さな女の子が年を取る必要がない場所を表現しています。

作品例

以下は彼女がTumblrページで公開されている作品の一部です。

  • “迷子”
    油絵キャンバス/460×460 mm

この絵の主役が木製の棒のある野原の脇の青い道に立っている紫の髪をした少女です。彼女は澄んだラベンダーの空の下に立っています。

  • “風の音が聞こえる”
    油絵キャンバス/460×460 mm

この絵は紫とラベンダーの海を背にして横向きになった少女の憂鬱な気分を表現しています。上の方の青い空は薄暗い雲でいっぱいです。髪のすじが彼女の頭からゆらゆらと揺れ、彼女の後ろから風が吹いているような印象を与えています。

  • “あかるい風”
    油絵キャンバス/470×470 mm

これは青い髪の女の子があなたを見つめている油絵です。彼女の大きな黒い目の下には、バラ色に染められたリンゴのほおがあります。こめかみの側面には赤い椿が飾られ、ほおが自然に赤く染まるのとは対照的に、円熟した表情を見せています。彼女の後ろでは、海が薄暗い空とふわふわした雲を反射しています。

  • “再会の日”
    油絵キャンバス/470×470 mm

この夢のような絵は、お互いに跳ね返る乳白色が特徴です。玉虫色の島に立つピンクの髪の少女は、長い髪と服に潮風が吹く中、海を眺めます。空は島と同じ色を反射し、陸と空の境界線をぼかします。

  • “いつか帰るところ”
    アクリル、油絵キャンバス/455×273 mm

この絵は垂直に立っていて、曲がりくねった道が絵の高さと平行に立っているように観客に方向感覚を与えています。道路の右側には、風に揺らめく背の高い草の生えた野原があります。ピンクの髪をした少女が絵の下の方に立っていて、大きな目を凝らしてあなたの魂まで見つめています。

  • “祝福”
    油絵キャンバス/660×510 mm

「祝福」 には、2人の少女が登場します。片方はピンクの長い髪で、もう片方は青の短い髪です。彼女たちの丸い顔があなたを迎え、大きい目が無名の感情であなたを見つめます。その後ろには、紫色と藍色に塗られた優美な海があります。

  • “来年もまたきてくれる?”
    アクリル、油絵キャンバス/455×601 mm

これは彼女のこれまでの作品の中で際立っています。緑色の髪をした少女は、「来年もまたきてくれる?」と憧れの目であなたを見ています。キャンバス一面に白い斑点が散りばめられ、幻想的で優美な雰囲気を醸し出しています。他の作品と比べると、この作品は自然を背景にしていません。市街地を舞台にした、円錐形の建物や道路が「来年もまたきてくれる?」の背景となっています。

  • “彼女のくちびるに紅をさし、失敗して笑った”
    アクリル、油絵キャンバス/970×1303 mm

この絵は、キャンバス全体を占める2人の少女を描いています。青い髪の少女が金髪の少女に頬紅をつけています。前者は穏やかな目で後者を見て、金髪の少女は言いようのない表情で前を見ています。

バイオグラフィー

京都芸術高等学校で中等教育を受け、2010年に卒業したObは、その後、京都の大学に進学し、芸術活動を始めました。

個展の後、彼女は日本の有名な化粧品会社、植村秀とコラボレーションしました。2013年春、彼女のイラストを集めた 「さくらコレクション」 を発表して以来、彼女は日本で多くのアートフェアや監督に取り上げられました。

個展

2010年に京都の0000ギャラリーで開催された個展 「飽和」をはじめました。彼女の個展が成功した後、次の展示が行われました。

2011年はObにとって最も忙しい年でした。 彼女はその年に以下の個展を行いました。

  • 「Fragrance」カイカイキキギャラリー、東京
  • 「Oblaat」香港国際アートフェア、香港
  • 「Respiration」カイカイキキギャラリー、東京

2013年、東京のカイカイキキギャラリーで「乙女の祈り」と題する展示を行いました。

2014年から2016年にかけて個展から一転しました。2017年に東京のカイカイキキギャラリーで開催された「あわいにゆれる光たち」という個展に戻ってきました。

3年後、彼女は2020年に東京のカイカイキキギャラリーの「螺旋と春」で個展に戻ってきました。

グループ展

2010年はObにとって驚異的な一年でした。

  • Oil Shock! – 90年代生まれの油絵画家 左甚蛾狼、東京
  • 「京都芸術高等学校卒業制作展」京都市美術館、東京
  • 「Artists Night Vol.1」0000 ギャラリー、東京
  • 「ART FAIR FREE」VACANT、東京
  • 「カオス*ラウンジ2010 」高橋コレクション日比谷、東京
  • 「¥2010 exhibition -Spring 2010」0000 ギャラリー、東京
  • 「¥2010 exhibition -Summer-」同時代ギャラリー、東京
  • 「となりの世界」カイカイキキギャラリー台北台北

2012年、ドイツのベルリンで開催された展示会に参加しました。 アーティストグループとともに、左甚蛾狼ベルリンの「ob、JNTHED、Haruka Makita」に参加しました。

2014年には、Obがこのグループ展に参加しました。「美少女少女-美術史における若い美少女」青森美術館、青森。 静岡県立美術館、静岡;石見美術館、島根県

彼女がグループ展に参加したのは2019年が最後でした。 最後は東京のカイカイキキギャラリーで「2019カイカイキキサマーショー」と呼ばれました。

キュレーション展

2010年は、Obが一連のキュレーションされた展示会を開催した最初で唯一の時期でした。 2種類の「wassyoi」を行い、京都の2つの美術館に作品を出品しました。

  • 「wassyoi」万華鏡ミュージアム ギャラリー、東京
  • wassyoi+ 0000  ギャラリー、東京
  • wassyoi # 0000  ギャラリー、東京

出版物

2013年、Obはカイカイキキから出版されたMelting Flower Flows Awayというアートブックを作成しました。 日本語と英語でご利用いただけます。 アマゾンで3,038円で購入できます。

ソーシャルメディアプラットフォーム

Obをフォローして彼女の作品をもっと見たい場合は、ソーシャルメディアのハンドルで彼女をフォローできます。

  • Twitter – @ob0o0
  • Instagram – @ob0o0
  • Tumblr – ob0o0
  • Pixiv – ob

Obはまた、Vogue Japanのウェブサイトにアーティストのブログを掲載しています。 彼女を訪問して、彼女の展覧会や日常の体験についての彼女のエントリーをチェックしていただけます。