アートがアートは何世紀にもわたって存在しています。洞窟壁画や岩の彫刻からルネサンス絵画や近代建築まで、それは地球の住民としての私たちの旅の一部でした。歴史を通して常に伴侶である芸術は、人類が遭遇するすべての自己表現の媒体でした。怒り、喜び、悲しみ、その他の感情についての意見を表明するための窓口です。

芸術の形態、スタイル、ジャンル、媒体に関係なく、芸術的表現の目標は、アーティストから視聴者にアイデアを伝えることです。トピックは、個人的、普遍的、または人々のグループが経験する特定のイベントに固有のものにすることができます。 

行動を刺激するために

アートは成長と行動を促進するために刺激を与えることを目指しています。それ自体の内外で、アートは常にアイテムの一部になります。絵画は、彫刻が木や金属の一部であるのと同じように、絵の具が付いた帆布です。壁に掛けたり、美術館に展示したりする以外に何もできません。しかし、動く能力よりも強力なのは、視聴者を刺激し、行動と成長につながるアイデアを生み出す能力です。 

成功したアーティストの話を聞くとき、彼らは常に、特定の作品やアーティストが今日のアーティストになるためにどのようにインスピレーションを与え、影響を与えたかを話します。強力なアイデアが人の心に根付くとき、それは誰にも奪われることはありません。アート作品と相互作用することで、作品とのつながりを持ち、それがあなたにとって何を意味するのかについて自分自身と会話することができます。 

あなたが誰に尋ねるかにもよるが、芸術は主観的である。あなたにインスピレーションを与えた芸術作品は、他の誰かにとってそれほど印象的ではないかもしれません。しかし、それはあなたの意見が次の美術評論家よりも価値が低いという意味ではありません。それがあなたに大きな影響を与え、あなたが自分で作り始めるように促したのなら、誰もそれが影響力がないとは言えません。インスピレーションを受けた後に行動を起こすということは、芸術作品がその目的を果たしたことを意味します。

他の共感する

人にこと何よりも、芸術の最も強力な効果は、私たちが共感することを可能にすることです。アートは、他の人の物語を語る作品に取り組むことで、他の人の立場になって、彼らが何を経験しているのかを見て、感じるように私たちを誘います。それは私たちが同時に異なる人間の経験を覗き見し、私たちの旅がつながりのある個人としてどれほど普遍的であるかを理解することを可能にします。

アートは、私たちの普遍的な苦しみと喜びに光を当てることによって、抑圧、内容、憧れなどの人間の経験の普遍性を強調しています。顕微鏡下に置いたときの私たちの生活が同じであることに気づきながら、他の人々の生活を垣間見ることができます。これに気づいた後、それは私たちがお互いにもっと共感的になり、人道的行動を刺激することを可能にします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *