すべてのアーティストは、時々アーティストブロックに苦しんでいます。 鉛筆や絵筆など、どの道具を使っても、どうすればいいのかわかりません。 空白のキャンバスや紙をどれほど長く見つめていても、何も思い浮かびません。

このような芸術的欲求の欠如に悩んでいるのであれば、いつでも自分の洞窟から自分自身を引き出すためにアートのインスピレーションに頼ることができます。ここでは、創造力を活性化させ、その芸術性を取り戻すために、フォローできる提案のリストを紹介します。

アーティストブロックからの解放

  • 以前のスケッチブックを再検討する

新しい作品を作るのが大変だと思ったら、一歩下がって昔の作品をもう一度見てみるといいかもしれません。自慢のスケッチブックがある安全な場所に戻りましょう。何かを創造できないと、行動や思考、感情が麻痺してしまうことがあります。ほとんどの場合、何か新しいものを作り出そうとするプレッシャーがあり、それができないときには、進歩していないと感じることがあります。これはあなたの士気と全体的な自信に良くありません。 

昔の作品を見ることで、自分自身を検証し、自分には芸術を創造する能力があることに気付くだろう。もし以前にそれをやったことがあるなら、今でも間違いなくできます。雰囲気を出すには、以前の作品を再現してみてください。自分のアートスタイルで何が変わったかを見て、どれだけ改善したかを評価しましょう。 

  • 他のアーティストの作品を見る

様々なアーティストの作品をチェックすることは、創造性を高めることができます。アイデアが浮かんだり、新しいスタイルを試してみたいと思うかもしれません。絵を見ることは食べることに似ています。消費量が多ければ多いほど、より多くの処理と出力を行うことができます。 

  • ギャラリーに行く

外に出るのが苦手な方、または距離が遠くに足を運ぶことができない方のために、オンラインでバーチャル展示会を開催しています。 MoMAやスミソニアンなどの大規模な美術館では、ウェブサイトで閲覧できるバーチャル展示を提供しています。 印象派やコンテンポラリーからニッチな動きまで、あらゆる種類の芸術作品をギャラリーで鑑賞できます。

  • ルーティンを始める

摂取したすべてのアートにインスピレーションを得ている場合でも、何もないところから何かを作成することは依然として難しい場合があります。 この場合、ベビーステップを踏んで、小さなスタートを切っていきましょう。 ルーチンを書き留めるか、図面をスケジュールします。 今日は背景のペイントを開始でき、明日は手を描く練習をすることができます。 最終的には、これらすべての小さな作品を組み合わせて、より大きなものを作成できます。 

  • 自分のスタイルで実験

コンフォートゾーンから抜け出して別のメディアを試すこともできます。心を穏やかに揺さぶり、挑戦し、創造性を発揮しましょう。それでもうまくいかない場合は、好みのスタイルに戻りましょう。重要なのは、創造力を発揮して何かを生み出すことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *