これらすべての感情を黒いキャンバスに一筆入れるのは素晴らしい気分です。絵画のような創造的な手段で自分を表現することは、美的価値だけでなく、それがあなたにとって持つ意味でもあります。 

インスピレーションを得る1つの方法は、他のアーティスト、特にアートの世界で名を馳せたアーティストの作品を見ることです。 ob0v0があなたをカバーしたので、これ以上探す必要はありません。あなたの想像力と内なる芸術家を目覚めさせる世界中の有名な油絵をリストアップしました。 

  1. ローヌ川

の星月夜ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、湖のほとりを歩いているカップルと一緒に「ローヌ川の星月夜」を作成し、背景に輝く水を見せました。 1889年にリリースされた彼の他の絵画「星月夜」について聞いたことがあるかもしれませんが、このローヌ川の星月夜はそのインスピレーションでした。 

 

アーティストの考えを覗く素晴らしい方法は、彼らの絵を観察し、あなたを畏敬の念を抱かせるオイルキャンバス作品を作成することによって彼らが何を意味するのかを解釈することです。 

  1. 真珠の耳飾りの少女 

ダヴィンチの「モナリザ」とは別に、ヨハネスフェルメールによるこの「真珠の耳飾りの少女」は「北のモナリザ」と名付けられました。大きな真珠のイヤリングに合わせて頭にターバンをかぶったアイボリーの肌を持つ若い女性のリアルなディテールで有名です。 

 

この女性がアーティストと関わったかどうかは定かではないため、この作品の背後にある物語は謎に包まれています。この絵が東京に持ち込まれたとき、たくさんの観客がその周りに集まり、その美しさに驚嘆しました。 

  1. エドヴァルド・ムンクことで叫び 

描いたどのように時々私たちの生活の中での真実は、私たちは不安のポイントに達して来ているものの恐怖、エドヴァルド・ ムンクは 大いに「スクリーム」の絵でそれを表明しました。二人の仲間が彼を置き去りにしたとき、恐怖で悲鳴を上げているように見えた人物。ムンクはこの作品を通して彼の気持ちを語りました、そしてそれは私たちの頭の中で実行されているこれらすべての混乱した考えから私たちを救うためにアートがそこにあることを私たちに大きな思い出させます。

  1. ラグランデジャット島の日曜日の午後

現実を描いたもう1つの絵は、シカゴを拠点とするアーティスト、ジョルジュスーラによる「ラグランデジャット島の日曜日の午後」です。風変わりなテーマではなく多くの視聴者がつながっていることで際立ってい 、公園を舞台にした趣のあるシーンにます。 作品に使われている影や色が謎を帯びた日常のシーンです。

  1. 老いたギター弾きの 

パブロ・ピカソは、「ゲルニカ」のような絵画とキュービズムへの取り組みで知られる20世紀の最も偉大な芸術家の1人として知られています。老いたギター弾きは、彼のギターをしっかりと抱きしめ、落胆した口調を示す老人についての青い色合いのテーマを持っていました。 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *